家計は年々火の車です

我が家の家計は年々火の車です。主人の会社は定期昇給などなくなんだか年々少しずつ減額されている感じがします。それに加え昨年はとうとうボーナスが送れるといいながら結局支給されることがなくせめて夏のボーナスがダメなら冬のボーナスだけでもと思いながらも、冬のボーナスもでず、やりくりにとても苦労しました。
今現在も毎月のやりくりに苦労しています。主人の収入が減る一方なのに、出費はかさむ一方です。子供たちは高校生、中学生になり高校生の娘は公立に通っているものの、教科書代などの出費、そして行動範囲が広がっての出費、それに部活の遠征の出費などがかかっています。中学生のときは文化部だったので遠征などまったくありませんでしたが、体育系の部活に入ってしまったので、遠征代がバカになりません。それに加えお腹もとても空くようで、食べる食べる。夕飯のおかずの予定していたものの、仕事から帰ってくると食べられてしまっている始末です。
そして中学生の子供もスポーツをしているのでその遠征費がバカになりません。今までは子供料金だったのが、電車代も一気に倍になります。それに合宿の日数も増えたり、成長期なので洋服がおれもこれも小さくなり買い替えたりと、本当に出費がかさみました。まだまだ高校生の子供のようには食べないのが救いかもしれません。これで食べだしたら我が家はますます大変なことになるでしょう。
そんな訳で我が家、息子を塾に入れたいところdすが、今その余裕がなくしばらくそっとしておいています。せっかく子供は塾に入ると言っているのですが、我が家の家計の事情で行かせられません。子供の成績が悪くても叱れない状況にあります。なんとも情けないですが、これが我が家の現状です。